静かに自然に自由に生きる

Kaos Chronicle.com

life

フライングディスク(フリスビー)ってすっごく楽しそう

投稿日:2016年3月23日 更新日:

フリスビーが気になってきた

2,3年前から、アウトドアショップや洋服屋さんででよく見るフリスビー。
流行っているんですかね?

Frisbee!

Frisbee! by Andrea

 

もうすぐ春だし、外遊びにいいかも。

フリスビーというは、WhamーO社の商標みたいです。「ホッチキス」みたいな。
なので、一般的にはフライングディスクと呼ぶのが良いようです。

スポンサーリンク

 

フライングディスクの遊び方はいろいろあるらしい

調べてみると、
フライングディスクは、単純な「投げて取る」のスローアンドキャッチの他にも
・アルティメット

https://youtu.be/rJoTVt07csA

アメフトっぽいルールみたい。

 

・ディスクゴルフ

・フリースタイル


サッカーで言うリフティングみたいな感じ?


すげー!!

街中の曲面の壁を探して遊ぶみたいです。

これはやってみたいぞ!!!

 

スポンサーリンク

子供と一緒に遊びつつ、自分も楽しめそう

これから暖かくなってくるので、公園にいって子供と遊ぶのに良さそうです。上の子も5歳になるので、そろそろこういったスポーツのほうが興味ありそうです。
子供と一緒にスローアンドキャッチで遊んで、ちょっと手が空いたら壁を使って遊ぶとか、すっげー楽しそう!!よし、買おう。

 

フライングディスクはどれを選べばいいんだろう

フライングディスクは2000円前後で買えるようです。
お父さんのお財布にも優しい。

さて、実際に買おうと思うと、どれを選べばいいんでしょうか。フライングディスクで検索するといろいろな製品があります。CHUMSから出ているやつでもいいのかな。

調べてみると、どうも「世界標準」とやらがあるらしい。
Discraft Skystylerという製品です。

世界中のジャマー達に圧倒的人気のディスクで、ほぼ世界標準。大会などでは、多分全員これを使ってます。リムが深く、トップ面に溝がなく滑らかなど、フリースタイル用として極めて洗練された設計。

- Spins | 代々木公園フリスビー | ディスクの種類

 

amazonでも売っていました。

形はのっぺりしたプレーンな形状なので、とりあえずこれを選んでおいたら無難そう。

ということで、早速注文。
次の休みが楽しみです。

スポンサーリンク

-life

Copyright© Kaos Chronicle.com , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.