静かに自然に自由に生きる

Kaos Chronicle.com

analog

ファーバーカステルTK-FINE EXECUTIVE シャープペンのレビュー

投稿日:2016年3月11日 更新日:

ファーバーカステルTK-FINE EXECUTIVE シャープペンを買いました。

ファーバーカステルTK-FINE EXECUTIVE

最近、スケジュールが頻繁に変わり、何度も手帳を書き換えているため、シャープペンを使用したいと思い買いました。

スポンサーリンク

もともとロットリングの製図用シャープペンは持っていました。

でも、

・先端のパイプを収納できないため、手帳用には使いづらい!

・持ち歩き用に先端が収納できるシャープペンがないと仕事に支障がでる!!

という言い訳を作って、お気に入りのメーカーのファーバーカステルのシャープペンを買いました。

 

知らない人が見れば100ー300円くらいに見えるんでしょうが、地味に1000円を超えていますw

 

クリップと先端を除き、プラスチックボディです。
ファーバーカステルのブランドカラーの深い緑は落ち着きがあり、高級感がある気がする。気のせいかな。

 

重さは11グラムで、持った感じも結構軽いです。

重量バランスが良く、筆記時にあまり存在感を感じません。

ロットリングの製図シャープペン 600は23グラムです。金属を多用しているロットリングのほうがかなり重いです。

 

気に入った点が、ファーバーカステルのグリップの部分のデザイン。

ファーバーカステルTK-FINE EXECUTIVEのグリップ部分

西洋の甲冑のような美しい曲線を描いています。

筆記時に一番目につく部分なので、ここが美しいと使っていていいですね。

 

ファーバーカステル TK-FINEはリップスティック型の消しゴムがついています。クルクル回すと、消しゴムがスゲーのびるw

ファーバーカステルTK-FINEリップスティック型消しゴム

消しゴムのスペアも売っていますので、ガンガン使えますね。

ペン先は収納できるので、持ち運び可能です。プラスチックボディなので、落下は弱いかもしれません。

合わせて購入したのがファーバーカステルの替え芯です。

wpid-wp-1458437497986.jpg

カリカリする音がすごいイヤなのですが、替え芯は結構こだわるのですが、国内メーカーのものよりカリカリの音がせず使いやすい。

僕が買ったのはHBですが、国内メーカーのものより硬めで結構色が薄かったです。国内メーカーのものより少し柔らかめを選ぶとちょうど良さそうです。

  スポンサーリンク

まとめるとファーバーカステル TK-FINE EXECUTIVEはデザインがいい感じの、フツーのシャープペン。クセがなく使いやすいです。



スポンサーリンク

-analog

Copyright© Kaos Chronicle.com , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.