静かに自然に自由に生きる

Kaos Chronicle.com

book

HUNT vol.7にロングテールバイクの記事があります

投稿日:2015年3月15日 更新日:

現在、販売されている「HUNT vol.7」という雑誌(MOOK)にロングテールバイクの記事があります。

IMG_20150315_061534 (1)

HUNTは大人のライフスタイル・ファッション雑誌で自転車専門誌ではないです。一般の方向けの記事のはずですが、載っている内容がなかなか濃い、というかマニアック。

スポンサーリンク

記事としてはロングテールバイクに載っている人のインタビュー記事で、ロングテールバイクの紹介と「自転車にこんなに積めました」といった内容です。

IMG_20150315_061632

 

 

気になったのが右の人物の自転車です。なんとファットタイヤを装着しているではありませんか。

ロングテールバイクは結構タイヤクリアランスに余裕がなく、26インチのノーマルブロックタイヤかか700×32Cの選択肢しかないはず。

 

苦労した時の話はこちらに書いてます。

過去記事:ロングテールバイクの始め方。Xtracycle Free Radical Kitの注意点とか。

 

ファットタイヤの直径は29インチ相当だったはず。free radical kitに何か細工を入れているのかと見てみましたら、24インチのファットタイヤを入れているようです。

なるほど。タイヤサイズをダウンさせるとfree radical kitに入れれるタイヤの選択肢が増えるんですね。

記事では、Surly 1×1をロングテール化していて、LARGE MARGEリムの24インチを履かせているようです。しかし、Surlyの輸入元のモトクロスインターナショナルさんのHPでは同じ商品が見当たりません。補修部品かなんかで取り寄せるしかないのかな。

24 × 3.0程度であればはトライアルバイクで使われているようで、トライアルホイールを流用すると比較的リーズナブルにファットバイク化出来そうです。

ロングテールバイクは荷物を沢山積むので太いタイヤが安心です。というか、いまの700 × 32Cは乗り心地が良くないです。

エアボリュームたっぷりでブリブリ乗ったら楽しそう!

トライアルホイール化良さそうですね。

スポンサーリンク

-book

Copyright© Kaos Chronicle.com , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.