静かに自然に自由に生きる

Kaos Chronicle.com

analog

初めての万年筆にもオススメできる。無印良品の万年筆を買ってみた。

投稿日:

普段使いの万年筆がほしかった

愛用していた万年筆「Pilot キャップレス」を、ふいに落としてしまいました。
ペン先が曲がってしまい修理に出したところ、いろいろ交換で一万円近くかかってしまいました。正直ほぼ新品の状態で、AMAZONで新品買った方が安いくらいです。(大事なものですのでなおしましたが)

 

普段使い、というかもう少しお安い万年筆を普段使いしたく、無印良品の万年筆を買ってみました。
お値段1000円ですが、とっても気に入りました。

 

1000円代の万年筆といえば、

・ペリカン ペリカーノ Jr
・Pilot カクノ
・ラミー ABC

などがあり、万年筆入門用として人気がありますが、無印の万年筆もはじめての方にオススメできます。

 

 

スポンサーリンク

無印万年筆のここが気に入った

気に入った点1:無印らしいミニマルデザイン。

ボディはアルミ製でマットな質感。
段差はなくロゴもないデザインです。
無印の万年筆

無印らしいミニマルなデザインで、フォーマルすぎずカジュアルすぎず、どんな場面でも使いやすいです。

もちろんペン先は鉄ペンですが、シルバーなので嫌味がありません。

無印の万年筆ペン先

段差をつけない、というのはデザイン上のこだわりのようで、キャップを尻軸につけても段差ができないようになっています。

無印の万年筆キャップ

 

1000円代の万年筆といえば、子供向けのデザインが多い中、大人でも使いやすいデザインになっています。

気に入った点2:コンバータを使い好きなインクを使える。

無印でも万年筆のカートリッジが売られていますが、欧州規格と互換性があるようです。
ペリカン等の欧州規格のカートリッジを使用可能で、コンバーターを使えばパイロットの色彩雫などすきな色のインクを使うことができます。

僕はモンブランのブルーブラック(ミッドナイトブルー)が好きだったので、モンブランのカートリッジを使っています。

 

気に入った点3:アルミ製のボディで落としても壊れにくい。

先にも書きましたが、アルミ製のボディです。

以前、プレピーを使った事がありましたが、キャップしたまま落としてしまいキャップが割れてしまいました。無印万年筆はプラスチック製のボディと違って、アルミ製なので落としても割れにくいです。
ペン先も鉄ペンですし、気兼ねなく普段使いしやすいです。

ここまでは良い点ですが、悪い点もありますのでちゃんと書いておきます。

 

スポンサーリンク

ここが残念

唯一気に入っていないところが、持ち手のローレット加工です。
まるで製図用のシャープペンみたいです。

万年筆で持ち手にローレットによる滑り止めって、いります?

ボールペンやシャープペンと違い、筆圧を掛けずに書けるのが万年筆なので、滑り止めのローレットは不要だと思います。
そうすれば、デザインももっとすっきりしたはずなのに。

大した問題ではないですが、個人的に意味を感じないデザインでしたので残念です。

 

無印万年筆は大人の普段使いに最適な万年筆

値段、デザイン、機能を総合して使いやすい万年筆であることは間違いありません。
もし、万年筆をつかいはじめてみたい、って人にもお勧めできます。

無印良品の文房具はすぐに廃盤なりやすい傾向があるので、興味があったら早めに買っておくのが吉だと思います。

スポンサーリンク

外部リンク:無印良品

 

スポンサーリンク

-analog

Copyright© Kaos Chronicle.com , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.