静かに自然に自由に生きる

Kaos Chronicle.com

book run

ランニングのバイブル

投稿日:

ヘボランナーである私が紹介するのもおこがましいが、ランニングをする上でバイブルとしている本を紹介したいと思います。

「ダニエルズのランニングフォーミュラ」

 

ググれば腐るほど本書に関する書評が出てくるので詳細は省きたいと思いますが、なぜ私がこの本をバイブルとしているかを書きたいと思います。

自分に必要なトレーニングをチョイスする

トレーニングで最大限効果を出すためには

1.自分の能力を知り

2.必要な能力を知り

3.その能力獲得のために最適なトレーニングを実施する

ことが必要です。

この本には様々なレベルのランナーに対して、1〜3

が示されています。

 

書店に並ぶランニング本を見る限り、残念ながら1〜3までを体系的に纏められている本は少ないように思えます。

例えば、

·2と3だけ

·3だけ

·あるいは特定のレベルの読者に範囲を絞ったもの

などです。(xxすればマラソンを完走できる!)

こういった本は自分に必要なものを知っているのであれば使いやすい反面、そうでない場合には必ずしも有効にはならないです。

「ダニエルズのランニングフォーミュラ」ではVdotという指標で定量的にランニングにおけるレベルを定義しています。

 

そしてVdot別にトレーニングのペース(強度)が記載されています。

また目的別に、例えば体力向上、10km、クロスカントリーやフルマラソンなど、それぞれ最適なトレーニングメニューが掲載されています。

先程のVdotと合わせることで目的に合わせたトレーニングメニューを作ることが可能です。

バイブルとしている由縁
ここでバイブルという言葉は羅針盤、指針という意味で使っています。

巷には様々なトレーニング論がありますが、メニューの組み方など、迷うことあればこの本に立ち戻ります。

そういう意味でこの本は自分の基準であり、どちらに進めばよいかを示す羅針盤ということになります。

スポンサーリンク

-book, run

Copyright© Kaos Chronicle.com , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.