静かに自然に自由に生きる

Kaos Chronicle.com

photo/camera

ライカとSONY DSC-RX100M3を比較レビューしてみる

投稿日:2017年4月8日 更新日:

久しぶりにデジカメを使ってみた

いままでフィルムカメラのライカM6を愛用していたけど、さすがにネットにアップするのは面倒ってことでデジカメを探していました。
たまにスマホのカメラは使っていたけどやっぱり画質や操作性がイマイチですね・・・。

 

あくまでも探していたのはネットに上げる写真を撮るためのサブカメラなので、一眼レフみたいに大きいのはちょっと・・・。
でも、あまり画質も悪いのもちょっと・・・。
値段が高すぎるのもちょっと・・・。
※ワガママ

そんな感じで半年くらい悩んでいたけれど、Sony DSC RX100シリーズを買うことに決めました。
RX100シリーズは初代のRX100(無印)からマイナーチェンジを重ねており、最新はRX100 M5。
なぜか無印から最新のM5で現行品として販売されています。

Sony DSC RX100 M3レビュー

 

僕が買ったのはM3。ちょうど真ん中くらい。
はじめてEVFを装備したやつです。

 

M4以降は動画性能が上がっているようですが、求めていたのは静止画の性能オンリー。
M4と2万円以上価格差がありましたが、ぶっちゃけ静止画メインの僕にはその価値は感じなかった。

逆にM2以前になるとEVFがついていない。さらにAF性能もM2からM3で上がっているようです。もうM3を買えって言われているようにしか思えない。

 

ちなみに「Sony」ロゴがやけに目立っていたので、黒いテープで隠しました。

スポンサーリンク

RX100M3のここが良い

小さくコンパクト

ライカを使っているのでいまさら一眼レフみたいな大きなカメラを持ち歩く気にはなれないです。
ミラーレスカメラもあるが、大きさはライカと同じくらい。

今回買いたかったのはあくまでもサブカメラ。ライカよりコンパクトであってほしいです。コンパクトっていうのは、持ち運びするときにどれだけ邪魔にならないかっていう意味で使っています。
誰の役に立つかわからないけど、ライカとRX100M3の比較画像。

ライカM6とRX100M3の比較1

ライカM6とRX100M3比較2

当たり前だけどRX100のほうが高さも横幅も小さい。

ライカは50mmレンズを付けているのでだいぶ嵩張って見えますが、実は来夏のボディの厚みは、RX100のレンズ沈胴時の状態とそれほど差はない。ライツの沈胴式エルマー50mmとかは本当にコンパクトになるようなので、それをライカに付けると厚みはRX100M3もライカも同じくらいになるかも。

ライカM6とRX100M3

上から見ると大きさの違いがわかりやすい。

 

重さ

・ライカ M6 : 801グラム ※フィルム、ストラップ込み。レンズは50mmズミクロン
・RX100 M3  : 294グラム ※ストラップ込み

ライカの半分以下だ。持っていて圧倒的にRX100M3が軽い。
目をつむって触ってみると、とてもx万円する物とは思えないです。

今回はサブカメラなので、これでOK。でもRX100M3一機だけだとちょっと良い物感がなく物足りないかな。

 

好みで焦点距離を固定することができる

個人的に使ってみて一番嬉しいポイント。

コンデジは起動時はたいていワイド端(RX100の場合24mm)になっている。
電源ONするとズームして好きな焦点距離に合わせないといけない。

でも、RX100はメモリ機能を使用すれば、起動時に自分の好きな焦点距離に合わせることができる。

つまり単焦点のように使える。
電源ON後にすぐに撮影に移れるので、この機能すごく良い。

こちらのサイトを参考にした。
デジカメWATCH:ソニーサイバーショットDSC-RX100【第1回】 ステップズームのまねごとをしてみる

 

僕はライカで使っているレンズと同じ感覚で使用したかったので、メモリの1番に35mm、2番に50mmを設定している。
焦点距離を変えるときはメモリ呼び出しをする。ズームレバーはめったに触らない。

少し手間がかかる単焦点レンズのレンズ交換をする感覚で使っている。

 

バキッとした画質

過去にCarlZeissのPlanar(コシナ製)を使っていたことがあるが絞るとかなりバキッとした絵をだす。
例えるなら、鉛筆の芯をギリギリまで尖らせて書いたようなエッジの効いた線だ。

Zeissの銘が付いているこのDSC-RX100もかなりバキッとしている。
コンデジでこんな絵が出るなんてびっくりする。こんなちっちゃなデジカメでこんな写真が出るなんて時代は進んだなぁ。

DSCRX100M3テストショット

ただ、思い込みかもしれないけれど、色はやっぱりデジタルっぽさ(嘘っぽさ?)がある。やっぱりフィルムで撮った写真の方が好きです。

 

スマホ転送はやっぱり便利

SonyのPlayMemoriesというアプリを使うことで、カメラの画像をスマホに転送することができる。

今はWifi付きのSDカードもあるけど、バッテリーの持ちが少し悪くなるみたいだし、Wifi付きSDカードは結構な値段がする。
RX100で撮った写真をSNSやブログにアップするみたいな使い方ができるので便利。
さらにPCに画像をWiFiで転送することも可能。
なんというか楽ちんすぎ。

 

バウンス撮影ができる

RX100のフラッシュはポップアップ式。

RX100M3のポップアップフラッシュ

地味に凄いなと思うのが、フラッシュを指で抑えて上に向けることができる。つまりバウンス撮影が可能だ。

RX100のフラッシュはバウンス可能

高感度特性がよいのでフラッシュの使用機会は少ないと思うけど、よく出来ているなと感心する。

 

スポンサーリンク

RX100M3のここがイマイチ

EVFが違和感あり

ライカを使っているのでできればEVFが欲しかった。でも実際に使ってみるとEVFは違和感を感じました。

 

EVFはレンズを通した映像がそのまま見えるが、EVFとレンズの位置はずれている。

レンズはカメラの中心にあるがEVFはカメラの右上にある。

DSCRX100のEVFの視差

つまりファインダーを除くと視差のために視線がちょっとずれてしまう。
ファインダーを除きながら両目を開けると気分が悪くなります。

ライカのファインダーの場合、ファインダーの向こう側がそのまま見えている。だからファインダーを除きながら両目を開けていても違和感は少ないです。

まぁライカの場合、ファインダーから見ている絵と撮影した写真は結構ずれていたりします。
今回はライカと併用しても違和感ないようにしたかったので視差が結構出てしまうのは残念。なんとかならないのかしら。

 

値段は高い

2017年4月で価格コムの最安は65000円。

安い一眼レフは買えてしまうまぁ使えないカメラを買うより、常に持ち歩けるカメラの方が100万倍価値があるので価格が高いのは目をつむりました。(ていうか勢いで買っちゃった)

AMAZONだといまいくらだ?

 

 

結局のところ、RX100 M3はどうなの?

ということで、ライカを使っていても違和感なく使えるサブのデジカメでRX100M3を買ってみました。後半かなりディスってしまった気がするけれど、総合評価は「かなり気に入った」。

値段に見合う価値は十分にあると思う。

 

コンパクトで重さも軽いので、毎日意味もなく持ち歩いています。

 

 

スポンサーリンク

-photo/camera
-, , , , ,

Copyright© Kaos Chronicle.com , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.